入場料無料になった富士急ハイランドの入り方

富士急ハイランドの入場料が無料になったけれど、そのまま入れるわけではないので紹介しておきます。

富士急ハイランドの入場口は2つ

第1入場口がマップ下、高速バス乗り場やハイランドリゾートホテルの近く、リサとガスパールタウンを抜けたところにあります。第2入場口がマップ上、富士急ハイランド駅を降りた目の前です。この2か所からしか入ることができず、無料で入場するときもチケットが必要になります。

チケット売り場で無用券をもらう

それぞれの入場口の近くにチケット売り場があるので、無料チケットを発行してもらいます。チケット売り場のラインナップに普通に並び、順番が来たらカウンターで無料券をもらいます。何枚必要かを聞かれるので、あらかじめ「無料券2枚ください」など人数分いうとスムーズかも。アトラクションに乗るときには、そのアトラクションの前で料金を支払えば乗れるので、フリーパスとどちらが良いか比べてみると良いでしょう。

入場口で顔を登録する

富士急ハイランドに入場するときに顔を登録しなければいけません。チケットにはQRコードがあり、入場口でチケットをかざして顔を登録します。入場口に入ると右手に大きなディスプレイがあり、その下にQRコードのスキャナがあります。チケットを逆さにして読み取らせながら顔登録という仕組み。あまりかしこまった登録ではないようで、ニット帽をかぶっている状態でも登録できました。

再入場するときにも顔認証

一度退園したいときでも再入場することができます。入場ゲートを出るときに、顔認証をすると、再入場が可能になるようです。この時にはチケットをかざす必要はなし。再入場予定がなければ、何もせずにただゲートを通過すればよいだけ。電車で来た時に第2入場口から入ったのなら、第1入場口から一度退園して、リサとガスパールタウンに気軽に行けたりします。

アトラクションに乗らなくても楽しめる

テーマパークはアトラクションがメインのような気もしますが、それ以外でも十分に楽しめます。天気が良ければ富士山がきれいに見えるし、園内にはいろんな食べ物があるので食べ歩きもあり。ちょっと気になるものがあったら別料金で支払えばよいだけなので、入場料を無料になった富士急ハイランドはおすすめ。

まとめ

富士急ハイランドの入場は無料化されましたがチケットが必要です。チケット売り場にて気軽にもらえるので、欲しい無料チケットの枚数を伝えればよいだけ。その無料チケットを持ち、入場口で顔を登録します。後は思う存分楽しむだけ。

コメント