富士山保全協力金について

富士山が世界文化遺産に登録された昨年より試験的に導入された入山料(富士山保全協力金)が、今年から本格的に導入されました。本格導入と入っても協力金という名目なので、徴収は任意です。昨年は、吉田口ルートであれば6合目にある安全指導センターにて徴収していたようでしたが、今年からは3ヶ所で受け付けるようになっています。

  1. 富士山スバルライン五合目総合管理センター前(24時間)
  2. 吉田口五合目山小屋付近(7:00~16:00)
  3. 富士北麓駐車場(5:00~18:00/マイカー規制期間のみ)

また現地で支払わなくても、事前にコンビニ払いやインターネットでも支払う事もできるようになりました。協力金は一口1,000円、記念品として富士山保全協力者証の缶バッチがもらえます。しかし、事前払いを行った場合でも記念品の受け渡しは現地になってしまうようです。

コンビニから事前払い

各コンビニの店頭にあるチケット購入用端末より支払いができます。

■セブンイレブン
┣ セブンチケット(セブンコード032-093を入力)
┗ チケットぴあ(Pコード988-985を入力)

■ローソン・ミニストップ
┗ Lコード33309を入力

■サークルKサンクス
┗ チケットぴあ(Pコード988-985を入力)

■ファミリーマート
┗ チケット→e+イープラス→チケットを探して買う→関東→全てのジャンルでキーワード検索(フジサンで検索

via:山梨県ホームページ

利用方法は、セブンイレブンのページを参考に

セブンイレブン店頭支払の場合だと、支払後に店頭にて発行されたチケットの右側半券で、当日入山前に記念品と引き換え。確定申告希望者は、左側半券(領収書)を観光資源課へ送付して交換できます。

山梨県観光部 観光資源課(8:30~17:15)

インターネットから事前払い

インターネットからクレジットカードで支払い申し込むこともできます。申込のリンクが少しわかりづらい・・・

富士山保全協力金の事前支払い

山梨県のホームページより事前支払いはこちらの画像をクリックすると、申し込みができる外部サイトに接続します。

外部サイトへの直リンク → http://www.cnplayguide.com/fuji-yamanashi/

CNプレイガイドのシステムを利用しているようで、申込の時間が6:00~翌1:00の間でしか動作していないみたいです。深夜1:00~6:00までの申込はできないということ。

クレジットカード支払いの申し込み方法

富士山保全協力金のクレジットカード払い

サイトの営業時間内であれば、お申し込みはこちらをクリックすると「山梨県富士山保全協力金 インターネット受付サイト」が別枠で開きます。

富士山保全協力金のクレジットカード払い

口数を選択し、画像認証の数字を入力します。

富士山保全協力金のクレジットカード払い

外部サイトを利用しているせいか、お客様情報の入力項目が多すぎるが難。記念品を郵送してくれるわけではないのに住所の入力欄もあるし、しかも電話番号の項目が2箇所って・・・。

富士山保全協力金のクレジットカード払い

申込内容を確認するときのパスワードとカード番号を入力する。コンビニでの現金支払い方法も表示されるが、クレジットカードで支払わないならこの入力作業は必要ないので、コンビニに直接行ってしまったほうが良い。

次へ進み、入力内容を確認して予約完了。申込時に入力したメールアドレスに予約完了メールが届くので、それをを印刷するか画面を保存して富士山保全協力金の受付場所へ持参すると、記念品と交換してくれるようです。

クレジットカード決済の場合はお支払を確認後、山梨県から領収書を発行します(11月頃を予定)。

と記載してあるけれど、どのように発行されるかまでは書いてなかったので、領収書が必要な場合には問い合わせた方が良さそう。申込時に入力した住所がここで役に立つとは思えないので・・・

富士山保全協力金の事前払いをするなら、コンビニ払いを利用したほうが良さそうですね。

※記事作成時の申し込み方法です。利用しづらいので改善されることを期待したい。

静岡県側から登山する場合の事前払い

富士宮口、御殿場口、須走口から入山する場合には、静岡県の方で受け付けています。

http://www.fujisan223.com/contribution/

記念品の缶バッチのデザインも入山する場所により違うようで、富士宮口が青色御殿場口が緑色須走口が赤々となっています。また、登山しないけど寄付だけしたいという人も富士山寄付金として支払う事ができるようです。その場合には缶バッチの色が黄色。

静岡県でしっかり運営しているサイトのようなので、記念品の郵送をしてくれるみたいです。

静岡側がこれだけ対応しているので、来年度には山梨側も専用サイトで対応しなければいけないような気がしますね。