八木崎公園のラベンダー

河口湖の八木崎公園と大石公園では、6月20日~7月13日(大石会場は21日)までハーブフェスティバルを開催しています。開催時間は午前9時~午後6時(大石会場は午後5時)まで、お店などが閉まっても八木崎公園会場ではライトアップを午後9時までやっています。※2014年度の情報。

八木崎公園会場

河口湖ハーブフェスティバル

八木崎公園は河口湖ミューズ館の近く、以前紹介した六角堂もすぐそばにあります。※現在は陸続きではないです。

八木崎公園のラベンダー

撮影日は7月1日、ちょうど見頃のようでした。

八木崎公園

会場内は広く、かなりのラベンダーが咲いています。

河口湖ハーブフェスティバル

おみやげ品や食事などの露天も数多く出店していているので、お昼時に行くのも良いかもしれない。

焼きポン

駐車場から入ってすぐには焼きポンという焼き栗が。テレビなどで紹介されたこともあるようです。値段が高いのでどれだけウマいのか期待してしまいましたが、ただの焼き栗。しかしこの時期に栗なんて通常では出回っているんものでもないので、栗好きには良いかも。個人的にはこの値段払うなら、先日放送されてた帰れま10のセブン-イレブン人気メニュー6位の「イタリア栗のクリーミーモンブラン」をたくさん食べたほうが良いかな。

大石公園会場

大石公園のラベンダー

規模的には八木崎公園よりもかなり小規模、咲いているラベンダーの数も少なく露天も少ない。河口湖の中心街からは少し遠いので、少しアクセスが悪いかも。ただし天気が良ければ写真撮影にはとてもよいスポットです。

ラベンダーと富士山

河口湖を挟んで富士山が丸見えなので、穴場の絶景スポット。ラベンダーと一緒に撮影に来る人達もけっこういます。午後になると靄がかかり富士山が薄れてしまうので、午前中の方がきれいに富士山が見える事が多いように思います。きれいな写真を収めたいなら狙いは午前中かな。

大石公園

富士山のモニュメントと富士山のコラボ。アングルを変えればもっと面白い写真が撮れそう。富士山がよく見えるので八木崎公園よりも雰囲気は良いかもしれません。

河口湖ハーブフェスティバルのおすすめ観光ルート

大石公園へのアクセスが少し遠いのですが、空気が澄んでいる午前中(できるだけ早い時間)に行って見ると富士山が綺麗に見えるかもしれません。ラベンダーと富士山の写真を撮って見てはいかがでしょう。

その後ゆっくりと八木崎公園へ移動し、お昼ごはんもしくはおやつの食べ歩きでお腹を満たす。ラベンダー畑を徘徊し、おみやげを買って帰る。宿泊していく人や地元の人なら、八木崎公園のライトアップに行ってみても良いかもしれませんね。

富士山・河口湖山開きまつり花火大会

関連イベントで7月5日(土)には、富士山・河口湖山開きまつり花火大会もあるようです。開催場所は河口湖ハーブ館近くにある大池公園付近の湖畔。※大石公園ではないので注意!20:00~20:300の間で、約2000発の花火が上がるようです。※2014年度情報。