歴史民俗博物館のもみじライトアップ

富士吉田の道の駅の前に位置する富士吉田市歴史民俗博物館では、10月26日(土)~11月10日(日)の期間でもみじ祭りを開催しています。もみじ祭りと言っても数百メートルのもみじ街道がライトアップされているだけなのですが、夜に鑑賞できるので良い雰囲気を味わうことができます。

毎年の開催時期は10月下旬から11月中旬ぐらいで、今年は10月30日に行ったみました。暖かかったせいもあり、この時にはまだ半分ほども色づいていなかったようです。ほぼ紅葉前の緑のもみじ、間に赤く色づいたもみじがちらほら。これはこれでよいですね。

歴史民俗博物館のもみじライトアップ

中にはだいぶ赤くなっている木もあるので、全部こうなると見応えがあるというのも想像ができます。距離的にはそれほど長くないので、数分で歩ききってしまいますが、時間があるなら行ってみてはいかがでしょうか。

その年により紅葉の時期が多少ズレるかもしれませんが、だいたい平均すると見頃は11月5日ぐらいと聞きます。枯れてしまって落ち葉ばかりというよりも(それはそれで良い味はあるのかも)色づき始めの方が綺麗かもしれないので早めに行ってみるほうが良いかもしれませんね。

もみじ祭りの詳細

2013年度の期間は、10月26日(土)~11月10日(日)まで

ライトアップ時間は16:30~21:00

約200mの間に、約60本のもみじが植えられているそうです。

場所は道の駅「富士吉田」前にある、歴史民俗博物館

住所は、富士吉田市上吉田2288-1


大きな地図で見る

道の駅に入る信号を逆方向に行くと駐車場がすぐにあります。そこから階段を降りると、ライトアップされている、もみじ街道にいけます。