白須うどん

看板はないし、のれんすらない、これぞ吉田のうどんとでも言いたくなるような佇まいの白須うどん

外からみるとただの民家なので、初めての方は入りづらいかと思います。

 

店の中もテープルが多く並んでいるだけの、ほんとにただの民家

白須うどん

 

完全セルフサービスの店

店に入って左側では、うどんを打っているところが見えます。

白須うどん

ここで注文するのですが、基本的には全てセルフサービス

また、うどんの種類が「温かいの」「冷たいの」という2種類しかないので、他店舗にあるような紙に書くシステムではなく、口頭で注文するだけです。

けっこう混んでいるので、注文する時には順番待ちになるかと思います。

うどん注文の仕方

白須うどんメニュー

かけうどんと、つけうどんとありますが

  • かけうどん = 温かいうどん
  • つけうどん = 冷たいうどん

注文するときには、温かいの1つとか、冷たいの1つというような頼み方をします。

 

大盛りというカテゴリがなく、逆に小盛りがあるといったメニューです。

普通盛りが、温・冷ともに350円、小盛りが300円とかなり安い料金設定

普通盛りでもかなりの量があるので、少食の方は300円の「小」を頼んだほうが良いかも

ちなみに料金は後払い

 

サイドメニュー

白須うどんサイドメニュー

煮玉子やごぼうのサイドメニューも置いてあります。

  • 煮玉子1つ、60円
  • ごぼうがパックで、250円
  • おみやげ用の辛味も1つ、200円

これらの購入は先払い、というか購入するときに払う感じ

 

うどんの写真

温かいうどん(かけうどん)

白須うどんのかけうどん

ダシの効いた醤油ベースのスープに、キャベツがふんだんにのかっているシンプルなうどん

麺は、太めのもちもち麺で、他店よりもそれほど硬くはない印象です。

スープもダシの味がしっかりしていて、個人的にはけっこう好きな味。

 

冷たいうどん(つけうどん)

白須うどんのつけうどん

スープは温かく、麺が冷たいうどん

とにかく量が多い!麺とキャベツの量がスゴイ!これで350円は安すぎ

ただ、手打ち麺の特徴で、麺が長いから少し食べづらいです。

この量を食べきれなそうなら、小(300円)で十分かも

 

煮玉子

白須うどんの煮玉子

60円で売っている煮玉子も食べてみます。

白須うどんの煮玉子

中身が半熟で、ふつうに美味しい!

 

すりだね

白須うどんのすりだね

ごま、七味、醤油をあわせたもの

この辛味は、そこまで辛くないので、けっこう入れても大丈夫かも

ちょっとづつ調節しながら入れて、味を変えて楽しめます。

この辛味は、おみやげ用が、1つ200円でも販売されていました。

 

店舗情報

住所

山梨県富士吉田市上吉田3296-1


大きな地図で見る

マックスバリューや、カムイの下に位置する白須うどんは、看板がないのでわかりづらい・・・ほぼ民家

駐車スペースも少ないので、店先がいっぱいの時には、向かいの宮本屋薬局に停めても良いそうです。

白須うどんの駐車場

 

営業時間

11:30~14:00

定休日

日曜日

 

元祖!吉田のうどん

これぞ元祖!吉田のうどんと言いたくなるような、かわった雰囲気も味わえるお店。

麺もスープも両方の味がよく、しかも安くて量が多いというのも特徴です。

不思議と有名なので、他県からわざわざ食べに来る方も多く、いつも混んでいます。

 

また、批判の口コミもよく見かけますが、たぶん吉田のうどんがどういったものかわからなく、初めて食べたという方の意見が多いのかもしれません。

好き嫌いはあるかと思いますが、個人的には好きなのでおすすめしたいところです。雰囲気もね。

冷たいうどん(つけうどん)に、辛味を入れて味を調節しながら食べるのがおすすめかな。